ヒーリングアートを置く ―それが一番求められている場所へ

自然の画像は心を癒し、そして身体をも癒すのに役立ちます。

白く冷たい滅菌の壁は、ストレスや痛み、恐怖、孤独などがあふれる従来の病院環境を特徴的に表しています。これらの壁を見つ続けるのは、退屈で気のめいることです。

その壁に我々が撮った美しい自然の写真を飾り、患者さんや介護の方々、患者の愛するびとに、色や心地よさ、望みを与え、明るい気分を持ってもらいたいというのが私たちの願いです。

「病院に贈る写真/アートのための財団」は、写真家のエレイン・ポッジにより2002年米国で設立されました。彼女自身、母親を無くした悲しみから、病院に自然の写真を提供する世界的なキャンペーンを始めました。

トロピカルビーチ、日本の桜、トスカーナの丘など広範囲にわたる作品群は、エレインをはじめ世界中の写真家たちから寄贈され、病院に提供されています。この非営利財団は、病院への負担を最小限または全く無しにできるよう、印刷・額縁・輸送費などをカバーする資金を募っております。